バイアグラのジェネリックの副作用を知ろう

効果を知っておく

効果を知っておく / 強度はどのくらいか / 正しくルールを守って

薬を利用する前には、その効果効能だけではなく、起こり得る副作用もよく確認しておくことが大切です。
多くの医薬品は安心して使えるものとなっていますが、体質によっては副作用が強く出てしまうこともあり、継続して使用が難しくなってしまう場合もありますので、服用後に何等かの変化を感じた場合は、まずは一旦使用をやめ、医師や薬剤師に相談してみることがおすすめです。
薬にも多くの種類がありますが、バイアグラは性機能の衰えで悩む男性の救世主的な存在となっており、今でもED治療薬の中でも特に人気の高い薬となっています。
そして、最近では同じ有効成分でより安く購入できるジェネリックも人気となっており、安く治療をしたいという場合によく選ばれています。
いずれの場合も有効成分はクエン酸シルディナフィルとなっており、性行為の一時間ほど前に飲んでおくことで効果を発揮してくれます。
性欲を高めたり、催淫効果のある薬ではなく性的な刺激興奮で作用します。
バイアグラも、そのジェネリックも正しく使用すれば安全性の高い薬ですが、血行を改善させる働きがありますので、のぼせ、頭痛、目の充血、ほてり、鼻水などの症状が起こりやすくなっています。
さらに一時的に物が青く見える症状を訴える人もいます。
こうした症状にも個人差があり、ほとんど気にならない場合もあれば、かなり強く感じる場合もあります。